5歳の逆流性食道炎の患者さんにお越しいただきました。その後

5歳の逆流性食道炎の患者さんにお越しいただきました。」に書いた患者さんが久しぶりにお越しいただきました。
幸い逆流性食道炎の症状は消失し、皮膚疾患で受診していただきました。

当初当院を受診して頂いた主訴は咽頭痛・心窩部痛ですが、私の認識している小児の逆流性食道炎の5つの症状全てに当てはまりました。
私の認識している小児の逆流性食道炎の症状を抜粋します。これらの症状の起こる理由は小児の逆流性食道炎のホームページをご覧ください。

      • 昼食・夕食は少量だけ食べられる
      • 食事は食べられないがお菓子は食べることができる
      • 食後横になれない、あるいは食後横にならない
      • 食べ物を口の中でモゴモゴさせて飲み込まない
      • 嘔吐・発熱などの症状はなく元気なのに体重が減っているあるいは体重が増えない

これらの症状は全て消失したそうです。
朝ごはんも食べられるようになったそうですし、ご飯も食べることができるようになったそうです。
食後も横になるようになったそうです。
食べ物を口の中でモゴモゴさせることはほとんどなくなったそうです。
何より体重が増えているそうなので、本当に良かったです。

4ヶ月経ちましたが、再発の兆候はないようです。

小児の逆流性食道炎で何人かネキシウム®️を処方しましたが、幸いなことに再発して再度処方を求めてこられる患者さんは今のところおられません。
残念ながら我が息子・ブログネーム・元気(長男、幼稚園年長)だけは何度も再発を繰り返し継続治療が必要です。発症後半年以上経ちますが時折食べられなくなったり、気持ち悪くなるということがあるので、アルタット®︎を朝飲ませるようにしています。当初治療して体重が増えた時点で治ったと考えて薬を飲ませないようにしていましたが、再び食べられなくなり体重が減って薬(ネキシウム®︎)を飲ませると食べるようになるということを繰り返しました。そこでアルタット®︎をコンスタントに飲ませるようにしてみると、時折食べられないことはありますが体重が大幅に減ることなくコンスタントに食べられるようになっています。小児の逆流性食道炎の一連のエピソードはこちら

関連記事

  1. 「お子さんが食べ物を飲み込めないのは病気かもしれません」のホ…

  2. 子宮頚癌ワクチンについて ~男性に対して・新薬について~

  3. 6/15今週の予約状況

  4. 3/23 今週の予約状況

  5. 2/12 今週の予約状況

  6. インフルエンザワクチン接種しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

橋本クリニック 医院紹介

橋本クリニック 診察日・休診日一覧

2021年 6月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

09:00~13:00、午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ