鉤彎爪(爪甲鉤彎症)

爪が厚くなる 爪が伸びないといわれて受診されることがあります。あるいは爪水虫(爪白癬)になったとして受診されます。爪甲が肥厚して分厚くなっている多くの場合は鉤彎爪といわれる状態です。鉤彎爪(爪甲鉤彎症)とは、多くの場合足の親指(第1趾)の爪甲が伸びなくなり、爪が厚くなり表面に凹凸を生じ色が濁る疾患です。
きっかけとして外傷や手術などで爪甲が脱落した結果爪甲が正常に伸びることができなくなって生じます。
原因は1趾の尖端が盛り上がっていることで、爪甲が伸びることを妨害するため爪甲が行き場を失い盛り上がってしまいます。爪が根本から伸びなくても下の部分からも作られた爪が積み重なってしまいます。
靴を履く際に痛みを感じることがあります。
足先を物にぶつけてしまうと爪甲が剥がれて出血することがあります。
 

 

写真右の黄色の矢印の部分が盛り上がっていることで爪が先に伸びることが出来なくなっています。

治療法

姑息的(一時的)な治療としては爪甲を切除する方法があります。爪甲を切ることで日常生活に支障はなくなります。

 
根治術としては爪甲の成長を阻害する足趾の骨を削るそうですが、恐らく呉でできるところはないと思います。
尖端の皮膚の盛り上がりが爪甲邪魔をするので理屈の上ではテープで下に引っ張ることで爪甲が伸びるようにできると思います。手術はしたくないけど何とかしたいと思われる方は、広島にはなりますがこちらに行かれると治るかもしれません。ホームページに鉤彎爪が治癒している写真を掲載されています。病院ではないので全額自己負担になります。当院では爪が伸びた段階で上の写真のように爪を切ることはできます。
爪が切れなくてお困りでしたらお気軽にご相談ください。

橋本クリニック 医院紹介

橋本クリニック 診察日・休診日一覧

2021年 3月
28
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

09:00~13:00、午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ