爪白癬(爪水虫)の内服治療

爪白癬とはいわゆる爪水虫のことで、爪に白癬菌が入り込んで感染してしまう疾患です。(参考:爪白癬
爪の一部を削り取って顕微鏡で確認する鏡検を行うか、真菌培養により診断を確定します。当院では鏡検にて診断を確定しています。
治療法は日本皮膚科学会真菌症治療ガイドライン2019によると内服治療が推奨度A(行うよう強く勧める)とされ、外用療法は推奨度B(行うよう勧める)とされています。当院では副作用と費用、効果を患者さんと相談し治療を選択しています。

治療薬

ネイリン®(ホスラブコナゾール)100mg1日1回の内服を12週間行いました。

治療経過

初診時(2020/5/2)

ネイリン®100mg内服開始
診断のために爪甲を切除しました。

2020/5/16

ネイリン®100mg内服2週間後

2020/6/12

ネイリン®100mg内服6週間後

2020/7/3

ネイリン®100mg内服9週間後

2020/7/27

ネイリン®100mg内服12週間後

ネイリン®の治療期間は12週間のため終了としました。
爪白癬が残っている場合には外用に変更して治療を継続することもありますが、今回は白い部分も残っていないためその必要はなさそうです。

橋本クリニック 医院紹介

橋本クリニック 診察日・休診日一覧

2020年 8月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

09:00~13:00、午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ