広島市から小児の逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)の疑いの患者さん

広島ブログ

広島市安佐南区から小児の逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)の疑いの小学生のお子さんにお越しいただきました。遠方からお越し頂いて申し訳ないなと思いましたが、診てもらえるなら距離は大した問題ではないといってもらえました。というのもこれまでお近くの病院を受診されたそうですが症状を理解してもらえず、総合病院に紹介してもらっても改善しなかったそうです。精神的なものあるいは発達障害ではないかと言われ精神科の受診を促されたそうですが納得出来ず他の病院を受診されました。そちらでも同じような状態で吐き気どめなど薬(PPIは処方されていませんでした)を処方されたそうですが、改善せず精神的なものあるいは発達障害ではないかと言われ精神科の受診を促されたそうです。総合病院を含めて計4ヶ所の病院を受診されましたが改善せず、症状が辛くて学校にも通えず困っておられました。

そんな中で当院のホームページ、ブログを見られてお電話を頂き、お越し頂きました。
(お母様からブログの記事にすることをご快諾いただきましたので掲載します。)

胸焼けがしたり、食後気持ち悪くなったり、食事をしていると途中でお腹がいっぱいになるという症状があったそうです。
お菓子を食べることが出来るかは聞きそびれましたが逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)の可能性が高そうです。
逆流性食道炎の問診でチェックしてみました。

学校にいけないほどつらいのに、症状が理解してもらえず精神的なものと言われ、患者さんもお母さんも辛い思いをされていたようです。
(私も娘がお腹が空かないというのですがお菓子を食べていたこともあり、精神的なもの?と思っていました。今では反省していますし、小児の逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)の認識の難しさを実感しています。参考:今度は目力(小学6年生)が体重減!
検査の結果、逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)が疑わしい点数となってしまいました。
実際に胃液が逆流して食道に炎症が起きているかどうかはわかりませんが、少なくとも胃液が関係している可能性が十分考えられました。
逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)の治療薬・PPI(プロトンポンプ阻害薬)のネキシウム®20mgを処方しました。
まだご来院いただいたばかりでまだ結果はわかりませんが、私の子供たちを含めたこれまでの患者さんたちと症状が似通っていますので、ネキシウム®内服で症状が改善するのではないかと期待しています。

詳しくは小児の逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)をご参照いただければと思いますが、逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)が疑われる場合胃カメラで診断を確定しますが、胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015によると症状が疑わしい場合PPI(プロトンポンプ阻害薬)を飲んで様子をみるというのも推奨されています。逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)を疑うことさえ出来れば、問診で比較的容易に診断に辿り着き、副作用も比較的少ないため試しにPPI(プロトンポンプ阻害薬)を飲んでみるのは一つの選択肢だと私は思います。

お子さんが発熱などの症状がないのに胸やけ、食後の不快感などの症状(他の症状はこちらをご覧ください)でお困りでしたら、ネキシウム®などのPPI(プロトンポンプ阻害薬)を処方してもらえる病院を受診してみてください。予めセルフチェックをされていると話はスムーズだと思います(当院では医療機関向けのこちらのサイトを利用しています)
呉市界隈でお悩みでしたら、第2・第4日曜日も診療していますゆめタウン呉の橋本クリニックを受診してみてください。

最後に

ブログ・ホームページで情報発信をしていてよかったと思います。
というのも小児の逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)は小児科の先生たちにも余り知られていない疾患ですが、こうして情報発信をしていると困っている方がご自分で見つけていただけて多少なりとも困っておられる方のお役に立てることがあるからです。
幸い以前お手紙を頂いた方はお母様が逆流性食道炎に罹患された経験がおありだったため、お母様から先生に頼んで薬を処方していただき事なきを得たそうです(参考:嬉しいお手紙をいただきました。~小児の逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)~)。
今回の患者さんは4か所病院を受診しても診断に辿り着きませんでした。そんな中で当院のブログやホームページに辿り着いていただき受診していただけました。
お住まいが広島市安佐南区なので、ブログ・ホームページを書いていなければ絶対に受診していただくことはなかったと思います。

直接ご来院いただくことはなくても誰かのお役に立てるかもしれないので、改めて情報発信することは大切だなと思います。
引き続き小児の逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)について情報発信を続けていきたいと思います。

一人でも多くの逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)のお子さんが日常を楽しく生活できるようになることを望んでいます。

参考

小児の逆流性食道炎(胃食道逆流症:GERD)の当ブログの一覧はこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 橋本クリニックではスタッフ全員がマスク着用をしています。

  2. キッズコーナーを撤去しました

  3. 「特別定額給付金のお知らせ」が届きました

  4. 母校・三重大医学部が全国区・・・。医学生の間でクラスター!

  5. 100ます計算アプリ

  6. 新型コロナの影響 ~患者さんからお伺いした話~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

橋本クリニック 医院紹介

橋本クリニック 診察日・休診日一覧

2020年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

09:00~13:00、午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ