新しい注射器も1バイヤルで7本

新型コロナワクチンを粛々と平日限定で接種していますが、新型コロナワクチンでは注射器も配達されてきます。この注射器で通常は1バイヤルで6本とることができますが、前回届いた注射器は1バイヤルで7本のワクチンをとることができました。
毎回7本とれる保証はないのでドキドキしながら注射器が届くのを待っていますが、今回これまでと違う注射器が届きました。
新型コロナワクチンを溶解してみると7本取れました。

ローデッド注射器

拡大してみると針のデッドスペースに刺さるように黒いゴムがあります。当院で使っているローデッドタイプの注射器のようなタイプの注射器です。

7本目は普通の注射器に吸い取ってみました(針はローデッドタイプです)が、泡が入っているものの0.4ml以上残っています。
通常の接種量0.3mlは十分取れます。
まだ承認されていませんが世界で行われている治験では小児は0.1mlの接種のようです。小児であれば接種できそうなくらい残っています。
6人分のつもりだったので、6人しか予約を受けていなかったため、慌ててワクチンを接種する方を探しました。幸い接種していただけることになったため無駄にならずに済みました。

興味深いのはワクチンを溶解する生理食塩水は1.8mlしか注入していないことです。液体成分は1.8mlしかないので0.3ml✖️6本で1.8mlになるのですが、0.3ml✖️7本とれるということは、溶液は2.1ml以上あるはずです。ワクチンの成分が溶けることで溶液の体積が増えるようです。面白いですね。

ワクチンを余らせないために7人とれるものとして予約を受ける必要があります。午前中はインターネットの設定で7人枠にできましたが、午後は7人枠にするのが様々な事情で難しく今後の検討課題です。1バイヤルで7人とれる注射器と6人とれる注射器が混在しているため、ワクチンの溶解時の予約数でどちらの注射器にするかで調整しようと思います。最近時間があればワクチンのことばかり考えています。早く解放されたいのですが、まだまだワクチン接種の要望があるためもうしばらく続きそうです。今のところまだ決めかねていますが、誤接種事故を避けるために出来ればインフルエンザワクチンの始まる10月中旬にはコロナワクチンの接種を終えたいと考えています。ちなみに今は本来インフルエンザワクチンの予約システムを流用してコロナワクチンの予約システムとして使っているので、もし同時接種となるとPISTA屋さんに相談してシステムを改修していただく必要があります。どうすれば良いのか悩ましいところです。

ローデッドの注射器が不足しているので仕方がないのですが、どの注射器が届くのか届くまでわからないのが困りますね。
次も7回とれる注射器が届くと良いですね。

関連記事

  1. 当院の新型コロナウイルス感染対策

  2. インフルエンザワクチンと睡眠の関係

  3. インフルエンザワクチン、再入荷しました。

  4. クリニックの血圧計が壊れました!

  5. 今年のインフルエンザワクチン事情

  6. 診察券届きました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

橋本クリニック 医院紹介

橋本クリニック 診察日・休診日一覧

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

09:00~13:00、午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ