「黄色ブドウ球菌による伝染性膿痂疹(飛び火・とびひ)の治し方」のホームページを作りました。

広島ブログ

黄色ブドウ球菌による伝染性膿痂疹(飛び火・とびひ)の治し方」のホームページを作りました。

ぐじゅぐじゅしてしまって治りにくい皮膚炎、どんどん広がる皮膚炎の場合飛び火(伝染性膿痂疹)の可能性があります。
治療法は適切な抗生物質の投与です。
抗生物質の塗り薬でも治る場合もありますが、範囲が広い・拡大しているなどの症状であれば抗生物質を内服することが有効です。
有効な抗生物質を見極めるために細菌培養も有効です。

 

関連記事

  1. インフルエンザワクチンの水銀量

  2. 当院の新型コロナウイルス感染対策

  3. 新型コロナ時代のインフルエンザワクチンの意味

  4. 新たな新型コロナウイルス感染対策 〜キッズコーナーの撤去〜

  5. ゆめタウン呉の専門店の営業時間短縮

  6. 今年のインフルエンザワクチンの特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

橋本クリニック 医院紹介

橋本クリニック 診察日・休診日一覧

2021年 1月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

09:00~13:00、午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ