イベルメクチン(ストロメクトール®)が新型コロナウイルスの死亡率を下げる!?

広島ブログ

以前疥癬の治療に処方したストロメクトール®(一般名:イベルメクチン)の在庫切れということで新型コロナに効くかもしれないということを知りました(参考:ストロメクトール®(イベルメクチン)が新型コロナに有効!?)。
当時あった情報は試験管での実験で、投与後ウイルスの増殖を抑えるという結果が報告されていました。

今回北里大学でイベルメクチンの新型コロナウイルスに対する治験(安全性の確認と、治療薬としての効果の確認を行う試験)を行うことになり、テレビやネットで話題となており、以前の記事が検索で上位に表示されるためアクセスが急増しています。

今回新たに得られた情報を見てみると、以前は試験管での実験でしたが、今回実際に新型コロナウイルス患者さんへの投与を行い死亡率が低くなったという情報を得ました。
そのことを改めて書いてみたいと思います。

参照元はウィキペディアのイベルメクチンのページです。

抗寄生虫薬のイベルメクチンに死亡率を下げる効果があるとする報告を、アメリカのユタ大学などの研究チームがまとめた[13]。報告によると、人工呼吸器を使用する必要があった患者のうち、イベルメクチンを使用しなかった患者の死亡率は21.3%だったが、使用した患者の死亡率は7.3%と約3分の1にとどまった。さらに、患者全体でのイベルメクチンを使用した場合の死亡率は1.4%で、使用しなかった場合の死亡率8.5%と比較して約6分の1に抑えられたという。チームは「入院日数を減らす効果もある。さらに研究が必要だが、治療方法の一つとして検討する材料にはなる」としている[14][15][16]

[13]  Amit Patel (2020年4月19日). “Usefulness of Ivermectin in COVID-19 Illness”. SSRN. 2020年5月1日閲覧。

[14]  抗寄生虫薬「イベルメクチン」新型コロナに効果か 米で報告 大村智さん発見の細菌由来”. 毎日新聞. 毎日新聞 (2020年4月24日). 2020年4月27日閲覧

[15]   大村氏のイベルメクチン、新型コロナに効果 米ユタ大が報告”. 日本経済新聞. 日本経済新聞 (2020年4月27日). 2020年4月27日閲覧。

[16]   ^ Leon Caly, Julian D. Druce, Mike G. Catton, David A. Jans, Kylie M. Wagstaff:”The FDA-approved drug ivermectin inhibits the replication of SARS-CoV-2invitro”,Antiviral Research 178 (2020) 104787.

ウィキペディアのイベルメクチンより

以前は試験管の実験データに基づいてイベルメクチン(ストロメクトール®)が新型コロナウイルスに有効な可能性があることを以前の記事に書いていましたが、[13]の論文では1月~3月までの間に新型コロナウイルス感染の方に投与すると死亡率を下げる効果があったと報告されています。
試験管の実験では理論上有効という理屈は成り立ちますが、本当に有効かどうかは投与してみないとわかりません。実際に投与してみても有効な結果が得られたということが報告されています(複数の施設で投与し有効という報告が集まらないと本当に有効かどうかはわかりません)。

新型コロナウイルスに有効な可能性があるため、北里大学が治験に乗り出したようです。
北里大学も有効性が期待できなければわざわざ治験を行わないはずなので、少なくとも期待できるのではないかと私は考えています。(最初にイベルメクチン(ストロメクトール®)が新型コロナウイルスに有効という話を聞いた時には、到底信じられませんでしたが・・・)

本当に有効だと画期的なことだと思います。
というのもウイルスに対する武器が増えるという点でも望ましい話ですが、イベルメクチン(ストロメクトール®)が内服薬であり、アビガン®のような副作用も少ないため使いやすいからです。
イベルメクチン(ストロメクトール®)は重症者にも有効という報告ですが、もしかしたら発症初期に投与すると更に効果が高いかもしれません(試験管の実験ではウイルスの増殖を抑制することが出来るから、ウイルスが増える前に投与が望ましいから)。
妊婦さんにも状況次第で投与可能というのも画期的だと思います(参考:国立成育医療研究センター(医療関係者向け情報))。

北里大学の報告が待たれます。

関連記事

  1. トラブル発生…。予約システムが…

  2. 今月の同じお題「不合格」その5

  3. 鯉のぼりのケーキ

  4. カレーカップヌードル®︎炒飯

  5. 呉市のマスク在庫情報 ゆめタウン呉の文房具売り場

  6. 無事エアコンが設置されました

コメント

  1. こんにちは。イベルメクチンを疥癬治療として、昨年服用したのですが、予防としては効果があるのでしょうか。発症して初期段階に服用すると効果があるのでしょうか。

      • 橋本 康志
      • 2020年 5月 22日

      あきちゃんさん、コメントありがとうございます。
      疥癬治療としてイベルメクチンを内服されたとのことで、疥癬の予防として効果があるのでしょうかとのご質問ですね。理屈の上では予防効果はあるとは思いますが、添付文書に予防の記載はありませんし、残念ながら保険適応はありません。予防と言ってもいつ飲むかという点も判断に迷います。自費にはなりますが、医師によっては状況によっては処方してもらえるかもしれません。
      疥癬の方に接触があり、症状が出始めた疥癬であれば発症初期に内服するのは効果的だと思います。(当然疥癬でなければ効果はありませんし、疥癬の初期だと診断は難しいことがあります)

      申し訳ありませんが一般論しか書けませんので、疥癬かどうかの判断も含めて、主治医の先生にご相談されることをお勧めします。
      書き込みありがとうございました

  1. この記事へのトラックバックはありません。

橋本クリニック 医院紹介

橋本クリニック 診察日・休診日一覧

2020年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

09:00~13:00、午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ