陥入爪と巻き爪の違い

巻き爪が痛くなるかならないかは、感染を生じているかどうかでした。(参考:巻き爪は痛い?巻き爪と化膿性爪囲炎の違い
次は陥入爪と巻き爪の違いです。
一般的に巻き爪が痛くて・・・。と来院された方の大半は陥入爪です。
どんなものかというと、爪を切る際爪を深爪(爪を趾先端より短く切ることです)を原因として細菌感染により痛みを伴う疾患です。

爪の先端が周囲の組織に当たるだけであれば歩く際少し痛い程度ですが、細菌感染を伴うと周囲に発赤を伴うようになり場合によっては歩けないほどの痛みとなります。
左側の爪の状態であれば抗生物質を内服することで改善しますが、右のように針の返しのようにとがっている(刺爪と言います)と抗生物質内服のみでは改善しないことがあります。
(図でははっきり見えるように書いておりますが、実際には皮膚の下に隠れているので直接見ることはできません。すいません。うまく絵が描けませんでした)

抗生物質内服でも改善しない場合には、局所麻酔下に赤い点線のようにできる限り断端が船の舳先のように滑らかにカーブした専用のハサミで爪を切ります。
多くの方は一度深爪してしまい、伸びてきてもっと痛くなったのでもっと深く切ってしまうことにより発症します。
当院では状況により細菌培養検査を行うことで、細菌の種類を同定し、効果の期待できる抗生物質を見極めて治療を行っております。
その結果陥入爪でお越しの場合でも、9割の方が爪甲切除を行わなくても治癒が期待できます。
爪が痛い時には早めにお近くの皮膚科を受診するようにしてください。

食事指導始めました。

陥入爪でお悩みの方の食生活に特徴的なパターンを見つけました。
食生活を改善することで再発を予防することができるようになりました。
陥入爪が治らない場合や陥入爪を繰り返す場合、橋本クリニックを受診してみてください。

カテゴリ

広島ブログ

広島ブログ