伝染性膿痂疹(飛び火・とびひ)とは細菌感染により引き起こされる疾患です。
原因菌にはS.aureusuによるものとS.pyogenesによるものがあります。
ぐじゅぐじゅして治りにくい皮疹やカサブタ(痂疲)になって治りにくい皮疹がある場合には、できるだけ早くお近くの皮膚科を受診してください。

この疾患は触れた場所に感染し同様の皮疹を生じます。
飛んだ先で感染するので『飛び火』の俗称があるようです。

治療としては抗生物質内服あるいは外用を行います。ごく軽度であれば外用だけで治る可能性もありますが、広がっている場合やなかなか治りにくい場合には抗生物質を内服した方が早く治ると思います。

お子さんに治りにくい傷やかさぶたがある場合には早めに皮膚科を受診してみてください。

ブログ一覧

  1. クリニック前の写真で間違い探し…

  2. インフルエンザワクチン6人分あります。…

  3. 今週土日の時間予約枠空いています。…

  4. 2020/1/23時点の予約状況

  5. キモい展 〜広島パルコ〜

  6. 11cut(イレブンカット) ~イオンモール広島府中~…

  7. スタッフのお子さんも食欲不振・・・…

  8. 同じお題「雑煮」

  9. 2つの『意味』での「最後のセンター試験」…

カテゴリ

広島ブログ

広島ブログ