足白癬(足水虫:Tinea pedis)の治療

足白癬(足水虫:Tinea pedis)とはいわゆる水虫のことで、白癬菌というカビの一種が足に感染することで発症する疾患です(参考:足白癬(足水虫:Tinea pedis))。
治療は抗真菌剤の外用を行います。
当院では抗菌範囲の広くカンジダにも有効なアスタットクリーム®(ラノコナゾールが主成分で、市販薬でも同じ成分の薬があります)を処方します。
外用方法は症状がある患部だけでなく、両足全体に塗ってもらいます。
塗り方は以下の動画をご参照ください。


アスタットクリーム®2週間後、症状が改善しています。
まだ落屑変化が認められますので、外用を継続していただきます。
皮膚のターンオーバー(皮膚の生まれ変わりの周期のこと)が約1か月なので治療開始から約1か月間を目安に外用を継続していただきます。

橋本クリニック 医院紹介

橋本クリニック 診察日・休診日一覧

2020年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

09:00~13:00、午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ