AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語で言えば男性型脱毛症のことです。
AGAは男性なら誰でも起こる脱毛症ですが、20代で髪の毛が少なくなることもあれば、70代でもフサフサの人もあります。その違いがわかってきました。一言でいえば5α還元酵素という酵素の働き方の違いでした。5α還元酵素がよく働いてしまうと髪の毛が抜けてしまうようです。5α還元酵素の働きを阻害すると髪の毛が生えてきます。

AGA(男性型脱毛症)の病院での治療には大きく分けて二つあります。
一つはフィナステリド(先発品名:プロペシア)、もう一つはデュタステリド(先発品名:ザガーロ)です。
詳しくはAGA(男性型脱毛症)のページに譲りますが、簡単に書けばフィナステリドは原因となる5α還元酵素の2型だけを阻害し、デュタステリドは1型・2型の両方を阻害します。つまり効果が高いのがデュタステリドで、フィナステリドはそれなりに効果があります。
今回は2型5α還元酵素のみ阻害するフィナステリドの著効例です。

AGAの治療薬にはフィナステリドとデュタステリドの2種類あり、髪の毛が増えることが多いのが今回患者さんに内服してもらったデュタステリドです。
患者さんに写真の掲載をご快諾いただきましたので掲載させていただきます。

2016/8/18 初診時

デュタステリド内服開始

2017/3/27

2017/7/3

当院では20代の方から70代の方まで幅広い年齢層の患者さんのAGA治療を行っております。
この方は特に効果が高かったので全員がここまでの効果が期待できるわけではありませんが、著効例ではこれだけ効果が出ることがあります。
AGA(男性型脱毛症)の治療・診察料・薬剤代等詳しくはこちらをご覧ください。(参考:初診11000円、再診9200円(2019/10月増税後より))
AGA(男性型脱毛症)の治療についてよくある質問についてはこちらをご覧ください。
呉市近郊で薄毛・抜け毛でお困りでしたら橋本クリニックを受診してみてください

フィナステリドの著効例はこちらをご覧ください。

 

医院紹介

診察日・休診日一覧

2020年 4月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
2020年 5月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
2020年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

9:30〜13:00、15:00〜18:20

9:30〜13:00 午後休診

9:00〜13:00 午後休診

休診日

広島ブログ

広島ブログ