広島県呉市の皮膚科『橋本クリニック』のホームページです
サイトマップ 旧HP
Home
ページランク表示ツール
【コラム】低温熱傷について

意外に多い患者さんが、湯たんぽでの低温やけどです。
気が付いたら水疱(水ぶくれ)になったと言われて、来院されます。
その方々に多いのが直接湯たんぽが肌に触れていたということです。

低温やけどは重症(皮膚の損傷が深い)になりやすいので注意が必要です。
なぜ低温なのに重症になるのでしょうか?
それはやけどには温度だけでなく曝された時間も影響があるからなんです。
皮膚は60℃程度でも十分損傷を受ける(たんぱく質ですから温泉卵のように固まってしまうんです)ため、ゆっくりじっくりだと深く損傷を受けてしまうからです。
状態によっては治癒するまで非常に時間がかかるため、手術をお勧めする場合もあります。
それに対して通常の熱いものであれば反射的に手をひっこめたりするため、曝される時間が短いため、軽症で済むことが多いです。(当然温度が高ければそれなりにダメージをうけますが、低温やけどと比較してです)

特に初めて使われる、女子中学生・高校生の方の受診が多いです。
湯たんぽを使用される際には、タオルだとずれる可能性があるため、専用のケースに入れ適温で使用されることをお勧めします。

湯たんぽを使っていて水疱形成があった場合は、低温やけどの可能性が高いため早めに皮膚科を受診するようにしてください


Copyright (C) 2008-2011 Hashimoto Clinic. All right reserved.橋本クリニック 広島県呉市の皮膚科(皮ふ科) 日曜診療 ゆめタウン呉の皮膚科(皮ふ科)
ホーム / ご挨拶 / 受診案内 / 施設紹介 / 治療内容 / ワクチン / ブログ
口コミ情報 / リンク