広島県呉市ゆめタウン呉の皮膚科(皮ふ科) 呉市、江田島、黒瀬、広島市で水虫尋常性疣贅(いぼ)、アトピー性皮膚炎、湿疹、多汗症、かぶれ、巻き爪(VHO)でお困りの方はお越しください。日曜診療します。痛くない水いぼ治療、新しい紫外線療法(ナローバンドUVB),男性型脱毛症(AGA)の治療を行っています。

爪白癬(爪水虫)の治療について


鏡検で爪に白癬菌が見つかった場合は爪白癬の診断確定です。
爪白癬の写真はこちらのサイトに掲載されています。
治療は、肝機能障害など他の疾患で内服困難な場合を除き、抗真菌剤内服が一般的です。
内服薬には大きくわけて2種類があります。ラミシールとイトリゾールです。
それぞれの薬剤にはメリット、デメリットがあります。
毎日1錠飲むのがいいか?集中的に飲むのがよいか?
費用が高くてもいいか?安いほうがよいか?
などなどです。
いずれの治療が優れているというデータは出ていませんが、私の印象ではラミシールの方が再発しにくいイメージがあります。
また肝機能障害などで抗真菌剤内服困難な場合には、外用剤での加療も行っております。
最終的な治療薬の選択は主治医とご相談ください。
当院ではラミシール(テルビナフィン)内服を選択する場合が多いです。
橋本クリニックのブログでの爪白癬の記載はこちらです。
新しいHPでの記載はこちらです。

  ラミシール(テルビナフィン) イトリゾール(イトラコナゾール)
内服方法 一日一回1錠毎日服用です。 1日2回 1回につき4カプセル内服を1週間
3週間休薬を1クールとして3クール繰り返します。
メリット 費用が比較的安い
相互作用が少ないため、他の内服薬があっても比較的安全に内服できる
内服自体の期間が短い(実質3週間)
デメリット 内服の期間が長い(約6ヶ月) 費用が比較的高い
他の薬剤との相互作用のため、他疾患での内服薬によっては併用できないことがある
費用
(3割負担)
総費用 26000円(6ヶ月)
4300円(1ヶ月あたり)
総費用 31500円(3ヶ月)
10500円(1ヶ月あたり)
Copyright (C) 2008-2011 Hashimoto Clinic橋本クリニック 広島県呉市の皮膚科(皮ふ科) 日曜診療 ゆめタウン呉の皮膚科(皮ふ科)橋本クリニック 広島県呉市の皮膚科(皮ふ科) 日曜診療 ゆめタウン呉の皮膚科(皮ふ科)